パニック障害がなかなか治らない、治るまでの期間の目安や短くする方法は?

パニック障害が治らなくてつらい!治るまでの期間を知りたい方へ

 パニック障害の症状が出るのが怖くて、日常生活で当たり前のことができずにもどかしい思いをしたり、自分のやりたいことができなくて嫌になっていませんか?心療内科でとりあえず薬をもらって飲んでいるけどすっきりしない、このままずっと薬を飲み続けたら身体に悪影響が出たり、依存になる恐れはないだろうか?薬は一生飲み続けないといけないんだろうか?パニック障害を克服した人たちは、一体どれくらいの期間で治っているんだろう?自分も治るまでの期間を短くする方法があれば知りたい。今回はそんな疑問に答えていきます。

私自身が、パニック障害が治らなくてもどかしい思いをしていた時の状況

 私が主に症状をコントロールする方法は、症状が出る状況の数時間前にソラナックスを服用する対症療法をしていました。初めのうちはパキシルやドグマチールも飲んでいましたが、効果がわからなかったから主治医と相談をしてやめました。

 

 主な症状としては、吐き気に悩まされていました。特に緊張すると、えずく感じになっていました。だから、緊張するシチュエーションの数時間前に飲んでいました。

 

 だけど、正直に言うと、それでも直前になると結構な不快症状が出てくるので、その時に、もう一度舌下で水無しで服用していました。用量は合わせて0.8なので許容範囲でした。それを飲んでも、不快な症状がゼロになるわけではありませんでしたが、その場になれると落ち着いてくるし、他の人に変なふうに見られる感じにはなりませんでした。ちょっと、寡黙でおとなしい人くらいだったと思います。こんな風にして、なんとか仕事や日常生活を過ごしていました。

 

だけど、やっぱり、その時は色々考えました。

このままずっと、薬を飲んで行かないとダメなんだろうか?

薬の副作用って大丈夫なんだろうか?

もっと、すっきりする方法ってないんだろうか?

 

 一応、心療内科の先生には色々聞いて、薬を飲み続けても大丈夫とは言われてました。当時の私の心療内科の通い方は、1〜2ヶ月に1回頓服をもらいに行く感じでした。心療内科にはたくさんの患者さんがいたので、ドクターの診察を受けると言うより、1分くらい様子だけを伝えて薬だけもらうと言う感じでした。カウンセリングや自律訓練法も初めの頃は受けていたけど、症状に変化がないのでこれらもやめていました。

 

私がパニック障害の薬を手放すまでにかかった期間

 私はパニックの症状がではじめたのが高校時代の18歳でした。大学生になって意を決して家の近くの心療内科に通い、その後、卒業してトヨタディーらに勤めて5年営業して、今の家の会社に入ってもずっと症状と付き合いながら生活してきました。そして、33歳の頃に、もうこんな生活は嫌だと、何としても治したいと言うスイッチが入って、色々と調べて、心のことを学びはじめました。

 

そして、ある時事件が起きました。友人の結婚披露宴に行ったのですが、パニックの薬を忘れた行ったのです。頓服を飲もうとした時に薬がないから焦りました。だけど、不思議とそんなに強い症状は出ませんでした。

 

自分で、だいぶ症状が軽くなってきたなと言うことを実感した瞬間でした。

 

それから、頓服を服用する回数が激減し、薬が余ってくるようになったので、心療内科に行く必要がなくなりました。やがて、お守りがわりに1錠だけ持ち歩く生活をしていましたが、今ではそれを持ち歩くこともなくなりました。そうして、私は15年余り服用してきた薬を手放すことができました。

 

パニックを治すまでには一般的にどれくらいの期間が必要?

 上記は私の例でした。しかし、私の知り合いたちは2年くらいで治した人も、数ヶ月で治した人もいます。会社を2ヶ月休職して治療するだけで、復帰できた人もいます。

 心療内科の薬やカウンセリングと、仕事を辞めて、彼氏ができて結婚した女性は、それをきっかけに症状が出なくなった友人もいます。

 一般的な臨床のモデルとしては、症状を抑えるために数ヶ月、行動に慣れていくことや心について学んで行く期間として数年で治すことを目指し、最終的には徐々に薬の量を減らしていくようです。

 

 投薬で症状を抑えて、自然に行動ができて、その行動に慣れて自信がつけば一番早く治るのですが、私の場合はずっと不快な症状が続いたので、なかなか治すことができませんでした。

 

パニック障害を治す期間を短くする方法

 パニック障害って早く治したいですよね。だけど、反対に焦ってしまうと逆効果だし、そのままダラダラと現状維持をしても治るまでの期間は短くなりません。じゃあどうすればいいのか?

 

 あくまで私の例ですが、私はほとほとパニック障害で自分の行動が制限されることが嫌になりました。なんかすごく勿体無い気がしました。

もう絶対こんな生活は嫌だ、絶対治す。なんだかわからないけど、そんなスイッチが入った瞬間がありました。

 

私が思うのに、この気持ちがとても大切だったんだと思います。

 

 脳に、絶対に治すと言う指令が入った途端、いろんな情報を探すようになりました。

ネットで、アメリカのパニック障害を克服するオンラインプログラムにも参加しました。

 

 そんな時に、たまたま知り合った人の心のセミナーに初参加しました。その時は、それがパニック障害が治ることに繋がるとは全く思っていませんでした。

 

 だけど、たった90分で私は衝撃的なことに気がついて、突然、涙が溢れてきました。その時のテーマは、「自分らしいってどう言うことかわかりますか?」と言うものでした。私は、ずっと無理ばっかりしてきたと言うことに気がつきました。そして、それがいかに自分のストレスになっているか、自分の心や身体をいじめることにつながっているかに気がつきました。自分の心が泣いている、世間の目や、親の言うことばかりを気にして、自分の本当の声が押し殺されていると知って衝撃でした。今までそんなことを考えてみたこともなかったからです。

 

小さい自分にこう言ってあげてと言われました。

 

今までごめんね

 

辛かったね

 

許してね

 

大好きだよ

 

なんか、訳も分からず涙が溢れてきました。

 

 そのセミナーは衝撃的でしたが、それですぐに症状が治まると言うことはありませんでした。だけど、そのセミナーがきっかけで、私は心のことに興味を持つきっかけになったし、実は、その数ヶ月後に心についての連続講座が開催されることが決まりました。私は、京都在住なので、名古屋に通うのはつらいなと思ったのですが、結果的にその連続講座を受け始めてすぐに私の症状は治っていきました。

まとめ

 パニック障害の症状がなかなか治らないと、毎日が本当に辛いですよね。毎日、しんどいし、将来も不安になるし、だけどどうやったら治るのかわからなし・・・

そんな方に、私がお勧めするのは、まず絶対に治すって決めることだと思います。もし、そんな風に思えないならまだ、パニック障害の症状があなたのことを守るために必要なのかもしれません。

 

 そして、自分にあった方法を探すことです。たくさんの方がパニックを克服されているし、治し方も様々です。治療、栄養、整体、心理、運動など自分にあったやり方と、良いメンターを見つけられれば必ず楽になります。

 

 以上、パニック障害がなかなか治らない、治るまでの期間の目安や短くする方法について私なりの考え方を書いてみました。ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

kibun-up.com