パニック障害とカフェイン(コーヒーや緑茶やエナジードリンク)で知らないと怖いこととは?

f:id:w1jxp202:20171027115827j:plain

 

日々、パニックの発作が起こらないか漠然とした不安感をもって過ごしているから、結構疲れやすい。そのため、砂糖とミルクたっぷりのコーヒーでエネルギーを補給したり、リポビタンやレッドブルなどのエナジードリンクも毎日飲んでる。こんなことありませんか?これ、以前の私です。だけど、気になることを見つけました。それは、「パニック障害の時はカフェインはよくない」というものです。知らずに、パニックを誘発する行動をとっていたかと思うとぞっとします。そこでパニックとカフェインの関係を調べて見ました。

 

もし、知らないで発作を誘発している行動を自分でしていたら嫌ですよね。だけど、案外、気づかずにそれをやってしまっているからパニックの症状に苦しんでいるものです。だからこそ、少しずつパニック発作を起こす行動をやめて行きたいですね。これを読んで、カフェインとパニックについて、必要以上にとらわれて心配しすぎないようになってくださいね。

 

カフェインって何だ?

まず、カフェインって名前はどこかで聞いたことありますよね。コーヒーとかで有名ですよ。カフェインは天然に存在する物質です。そして、人間の脳に入り込んで、興奮作用のある物質です。

 

それには、言い面と悪い面があります。

 メリットで言うと、カフェインは昔から薬として使われてきました。風邪薬や、解熱鎮痛剤にも一部使われています。また、疲労を抑えて、集中できるようになったり、代謝をあげて脂肪を燃やす効果もあります。上手に使えば様々なメリットがあります。コーヒーを売っている人は、様々なメリットを強調しています。

 

一方で、デメリットもあります。カフェイン中毒で人が死亡したという珍しいケースが報道されたことがあります。カフェインの採りすぎは、骨を弱くしたり、依存性があります。また、覚醒作用があるので、睡眠に影響が出る場合があります。おしっこが近くなるのもデメリットかもしれませんね。

 

他には、胃を荒らすとか、特定のがんになりやすいとか、なりにくいとかいう説もありますが、明確ではないようです。

 

パニック障害とカフェインの関係

カフェインは、覚醒作用があります。パニックの症状を抑えるためには、心を落ち着かせる必要があります。この点で言うと反対の作用になります。また、カフェインが脳の神経にも作用して、間接的にパニックが起きやすくなる可能性もあるようですが、断言できるほどのことはまだ分かっていないようです。

 

どんな飲み物に、どれくらいのカフェインが含まれている?

カフェインの含有量を調べたいなら、製品の成分表を見るとわかります。製品100g中とかで書いてあることが多いです。今回のサンプルは100g中ではなくて、製品の中にどれくらいのカフェインがあるかを各社のホームページから調べてみました。

 

・ストローで挿すタイプ サントリースターバックス(R)エスプレッソ 200ml中160mg

・缶コーヒー(ショート缶) プレミアムボス185g中 129.5mg

・レッドブル 185ml中 80mg

・リポビタンD8 100ml中  50mg

・キリンホット生茶 280ml 中 44.8mg

 

こうやって見ると、エスプレッソのカフェインが多いんですね。ここでは書いていませんが、他にも玉露のカフェインが多かったです。

 

どれくらいのカフェインを摂取しても問題ない?

いったいカフェインをどれくらい採っても、健康には被害がないのでしょうか?日本の明確な基準は見つかりませんでしたが、欧州での基準が日経のサイトに載っていたました。

 

欧州食品安全機構が定めている安全なカフェインの量
体重 40キロの人 一回の許容 120mg 一日228mg
体重 60キロの人 一回の許容 180mg 一日342mg
妊婦 1日 200mg

 

この基準だと体重が40キロくらいの人だと、エスプレッソとか、缶コーヒーを飲むと許容量を超えてしまいますね。また、体重60キロの人でも、一日3本缶コーヒーを飲むと許容量を超えてしまいます。

 

とは言っても・・・

 

コーヒーを飲んだ瞬間に、パニック発作が出てくるわけではない。私の経験上、コーヒーを飲んだらパニックなったという経験はありません。だから、カフェインの摂取がすぐに、パニックに悪影響を及ぼしているという体感はありません。

 

ドリンク剤は、反対に元気になってパニックを抑えてくれるんじゃないかと思っていた時期もあります。時期があると書いたのは、今でもドリンク剤を飲むこともありますが、できるだけ頼らないようにしています。疲れたら、奮い立たすより、休むほうが大切だと思うからです。

 

 

 

カフェインゼロの飲み物

今は、カフェインゼロの飲み物もたくさんあります。社会には、カフェインをとりたくないというニーズがあるんですね。私も、絶対にカフェインを採らないようにしているわけではありませんが、カフェインゼロがあれば、そちらを選ぶことが多いです。

例えば、こんな飲み物があります。

キリン 午後の紅茶 ストレートティー デカフェ
コカコーラーゼロカフェイン
キリン 生茶デカフェ
爽健美茶
麦茶
黒豆茶
杜仲茶

などなど

 

パニックとカフェインで一番大切なこと

カフェインはパニックとって良くない面があるからといって、完全にゼロにしようと思うと余計に心のエネルギーを使ってしまいます。パニックにとって、一番良くないことは、いろんなことにとらわれ過ぎて、心のエネルギーを使い果たしてしまうことです。

 

カフェインを飲んだらパニックが起きやすくなると思い込んでしまうと、自己成就予言といって、自分でそういう現実ばかりに意識がいってしまいまい、本当にそういう現実を引き寄せやすくなってしまいます。

 

一番大切なことは、とらわれ過ぎないことです。

 

まとめ

 カフェインはパニックとって良くない作用もあるけど、カフェインを摂取したらすぐにパニックになるほどのことではないと思います。ただし、エスプレッソなどカフェインの多いコーヒーを飲みすぎると、欧州での基準にもひっかかってくるので毎日飲みすぎるのは注意が必要です。

 カフェインのメリットもあるので、もしカフェイン入りのものが飲みたくなったら、少しは飲んでもいいし、むしろ絶対駄目だと囚われすぎることのほうがパニックにとって問題になる可能性が高い。

 

 

 

kibun-up.com